【脂性肌さん向け】シミが出来る2つの原因と8つの対策を知ってツヤ肌を目指す!!

【脂性肌さん向け】シミが出来る2つの原因と8つの対策を知ってツヤ肌を目指す!!

マジカルクリームメソッド主催
木戸 孝です。

 

突然ですが、脂性肌のあなたは、
現在シミでお悩みではないですか?

一般的には、
脂性肌の人はシミが出来にくいと言われますが、
やはりシミが出来てしまう人はいます。

その原因は、
間違えたスキンケアによって、
脂性肌ではあってもお肌の乾燥が進んでいたり、
実は乾燥肌や敏感肌とのミックスだったなど・・・

脂性肌さんのシミ対策は、
やっぱりスキンケアの見直しが必要なんです。

なぜなら、
間違えたスキンケアはインナードライを招き、
その結果シミになっているかもしれないからです。

そんな訳で、
今回は自称脂性肌さんのシミ対策について
お伝えしていきますね♪

その前に、レーザー治療などを計画中の人へ♪

シミ撃退方法として即効性が高いのが、
レーザー治療、光治療、レーザートーニング、
ケミカルピーリングなどです。

あなたもそれらの治療をしたいと
思っていませんか?

ですが、
術後のダウンタイムが長かったり、
ダウンタイムが実質無い治療の場合は
何度も施術する必要があったりと、
一長一短ですよね。

それに、
仕事に家庭にと忙しいあなたの場合には、
施術の時間が確保できないかも・・・。

特に、
ダウンタイムが長い治療法は即効性が高いぶん、
術後数日間の「かさぶた問題」が気になります。

せっかく治療の時間が確保できたとしても、
「かさぶただらけで仕事には行き辛いな~」
なんて悩みをお持ちの人も多いのでは?

しかし幸いにも、
2018~2019にかけての年末年始は
9連休になる人も多いと思いますので、
レーザー治療などをご検討中のあなたは、
なるべくこのお休みの期間にダウンタイムが
重なるよう利用するのも手だと思うんです♪

脂性肌でもシミが出来る原因は?

あなたのお肌は本当に脂性肌ですか?

あなたは、
脂性肌は充分な皮脂で肌を潤し、
皮膚のバリア効果を高めてくれるため、
シミやシワになりにくいという特徴があるのを
ご存知ですか?

ですが、
必要以上に皮脂を落としてしまうと、
お肌の内部では乾燥が進行するものの、
表皮には新たな皮脂が過剰分泌される
インナードライ肌になる可能性があります。

このインナードライは、
特に日本人には多く見られる肌質ですので、
自称脂性肌のあなたは、
実はインナードライかもしれません。

そしてこのインナードライは、
脂性肌っぽいのにシミ、シワが出来やすく、
とても厄介なものなんです。

シミの原因2種類

お肌は大まかに言うと、
表面あたりの「表皮」、その奥にある「真皮」、
更に奥にある「皮下組織」に分けられています。

そして、表皮の中でも、真皮の境目あたりに
シミを悪化させる因子が発生すると、
目に見える「シミ」になるんですね。

シミの因子は、ご存知メラニン。

これは、一般的には紫外線の刺激によって
発生すると言われていますが、
実は乾燥によっても発生するものなんです。

そのため、
純血種(?)の乾燥肌さんの場合には、
インナードライにならないようなスキンケアを
取り入れることも必要なんです。

また、
ターンオーバーが乱れると、
角質と一緒に剥がれ落ちていく筈のメラニンが
お肌に残り、沈着してシミになったりもします。

逆に言うと、
ターンオーバーが追い付かずに沈着したシミを
無くしたいなら、お肌の乾燥を防ぐことと、
ターンオーバーを正常化させることによって
改善が可能ということです。

では、
早速この2つを同時に実践しましょうね♪

乾燥とターンオーバー乱れの2つの原因と対策

あなたはご存知ですか?

ターンオーバーが乱れる原因の一つが、
実はお肌の乾燥なんです。

お肌の乾燥の原因の代表的なものが、
1.強力なメイク落としを使っている
2.間違えた洗顔方法
です。

この2つへの対策は次のとおり。

1.強力なメイク落としを使っている

ポイントメイクも一気に落とせるような
強力なメイク落としには、
合成界面活性剤が多量に入っているため、
角質や皮脂まで根こそぎ落としてしまい、
結果として乾燥肌やターンオーバーの乱れを
起こしやすくなるんです。

ポイントメイクには専用のメイク落とし、
ベースメイクにはお肌に優しいクリームタイプや
乳液タイプのものを選びましょうね。

2.間違えた洗顔方法

皮脂のテカりが気になるからと、
毎日何度も洗顔をするのはおススメできません。

洗顔は1日2回まで。
余程気にならない限り、
出来れば朝はお湯だけで洗うのが良いかも。

お湯の温度は30℃~34℃くらいの、
はっきりと「温かい」と感じない「肌温」。

フェイスウォッシュはしっかりと泡立てて、
優しく手早く、手が肌に直接触れない感覚で
泡に汚れと皮脂を移すようにしましょうね。

くれぐれもゴシゴシ洗いは厳禁ですよ~~。

フェイスウォッシュを使っても使わなくても、
洗顔後や入浴後は、10分以内に保湿ケアを
行うことをお忘れなく♪

その他6つの原因と対策

では、
ターンオーバーの乱れにつながる
その他の主な要因を見てみましょうか。

1.紫外線を浴びること

紫外線を浴びると、ダメージを受けた肌は
ターンオーバーを早めるとともに、
角質を厚くして刺激から守ろうとします。

角質が厚くなると、メラニンの沈着が起きて
シミが発生したり、皮脂がお肌内部に留まって
ニキビの原因にもなるんです。

紫外線対策は暑い季節限定のものではなく、
年中必要ですね。

2.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、
ターンオーバーも乱れます。

乳製品やグルテンの摂取を控える、
砂糖や人工甘味料を控える、食物繊維を摂る、
ストレス解消や上質な睡眠を摂るなど、
主に生活習慣の修正で改善が期待できます。

甘味料は「ステビア」がおススメです♪

3.ストレス

ストレスは自律神経を乱し、自律神経の乱れは
ターンオーバーの乱れを誘発するんですよ。

そのため、
適度な運動や入浴、楽しめる趣味などで
ストレスを発散していくことも大事ですね。

4.生活習慣の乱れ

暴飲暴食、アルコールやニコチンの過剰摂取は、
ターンオーバーの乱れに限らず、
多くの肌トラブルの原因になります。

お肌のためには、ビタミンA、B、C、Eや
低脂肪高たんぱくな食品、亜鉛、セラミドを
積極的に「適量(笑)」摂取しましょう♪

そして、良質な睡眠を充分に摂り、
出来るだけ、23時~2時の間には寝ること。

5.不必要なピーリング

多くの場合、お肌のトラブル発生時には
ターンオーバーが理想より早くなっています。

そこで迂闊にピーリングをやってしまうと、
ターンオーバーの乱れを促進することに・・・

そのため、ピーリングは自分ではやらず、
信頼できるサロンでの施術をおススメします。

6.加齢

う~~ん、
これはどうしようもないと思われがちですが、
若々しく見える人は、それなりのことをやって
加齢に打ち勝っていますね。

適度な運動もそうですし、
酵素を摂ることでも新陳代謝を促せます。

そしてなんと、
腸内細菌が老化に関与する可能性も
指摘され始めていますので、
腸内フローラを増やすためのものを摂ることも
効果的かもしれません。

 

いかがでしょう。

お肌のトラブルの多くは、
共通のケアによって改善が見込めます。

ぜひ適切なケアを取り入れて
「体内時計を逆回り」させましょう♪

もちろん、
スキンケア製品は、有効成分を高濃度配合した
コレが私のおススメ。笑

私は脂性肌からインナードライになり、
その後に超乾燥肌になったと思われるので、
10年前にこの情報が欲しかったです。

それでは、脂性肌さんはノーマル肌を目指して、
お肌と身体、心のケアもお願いしますね〜♪

シミケアカテゴリの最新記事